犬を飼ってみたい!犬種などはどう選ぶべき?

住まいの大きさを考慮

飼おうとする犬は、基本的に自分たちの好みを優先するべきですが、住まいの大きさを考慮する必要はあります。一軒家、そして広めの庭があるのであればゴールデンレトリバーなど大型犬でも問題はありません。しかし、マンションやアパートの一室であれば、大型犬は無理があります。ただでさえ狭い空間に大型犬ですと圧迫感がありますし、犬自身もストレスを感じてしまうかもしれません。状況もしっかり考えて、大型犬や小型犬の洗濯をします。

住んでいる環境も考慮

どのような環境で住んでいるかも考慮したいです。犬を飼うことによってトラブルになりやすいのは、その鳴き声です。大きく鳴いても、言葉が通じないのですぐ止めさせることはできませんし、夜中に泣き続けると自分達はもちろん近隣住民にも確実に迷惑がかかります。犬種によって、神経質な性格だったり鳴き声の大きさなどは変わってくるのでチェックしたいです。マンション住みであれば、鳴き声の大きい犬種は避けるなどの対策ができます。

しっかりとした知識を身に付ける

犬を飼う際は、あらゆる知識を身に付ける必要があります。想像に容易いことではありますが、食事量は当然大型犬になればなるほど多くなり食費もかかります。犬の毛も頻繁に抜けるので掃除は毎日しなければいけませんし、毛の多い犬種であれば更に掃除が大変です。機嫌が悪ければ牙を向き、家族以外の人を噛んで怪我をさせれば賠償責任が発生します。このようなネガティブな面についても考え、それでも飼いたいという気持ちに変化が無ければ問題ありません。

ペットを飼う事で幸福度は高くなります。会社で罵倒されても、辛く落ち込んでいても、彼女と別れて傷ついていてもペットは無償で私達に愛情を与えてくれます。ペットショップで新しい家族を探してみませんか?